タオ島 交通手配について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

2010年1月28日 (木)

本日のアジアダイバーズボートは…

AM: チュンポンピナクル / ホワイトロック
PM: ジャパニーズガーデン / ツインズロック


今日のダイビングコンディションはサイコーでした
水面の波もほぼなし、流れも少なく、透明度もよし

だけど、死ぬかと思った!!!

なぜなーーーら、ブルシャークに喰われるかと思ったから
元々ビビりですけど、それでもなんか、日に日にサメとの距離が
近くなっているのは、気のせいでしょうか???

本当にこんなに近くていいのだろうかと思うくらい・・・。
ぶっちゃけ、真剣にこのサメについて調べまくったことがなかったし、
ある人は“グレーリーフシャークだ!”とか、
“イヤ、ブルシャークだ!”と議論をしているけど、
今日ははっきり特徴がわかるくらい近くで確認した!!!

あれは、まさしくブルシャークだ!!!

さらに、ギンガメアジの群れを狙っていたのだが、
隙あれば食べてやろうと、まっ正面から近づいては、
目を合わせて獲物かどうか見定めて、ま横を通り過ぎて行く。

こぉぉえぇぇぇぇ~!!!

食べられたくはないけど、たまらないあの感覚・・・。

だなぁ~と思う瞬間でもある

まぁ、周りにあれだけ魚がいれば、わざわざダイバーを
襲うことはないと思いますが(願望)

------------------------------------------------------------------------

☆和名:オオメジロザメ もしくは 牛鮫(うしざめ)

☆英名:Bull Shark(ブルシャーク)

☆学名:Carcharhinus leucas

☆形態:体長3m に達する。吻は他のメジロザメ科の鮫より短く背側の体色は
濃い灰色で、腹側は白色である。がっしりとした体型が特徴。
ややずんぐりしている。

☆生態:紅海、モルディブ、地中海をのぞいたあらゆる熱帯、
温帯の海域に生息している。淡水域にも進入することができる。

雑食性(肉食性の傾向が強い)で、人を襲った記録も極めて多く、
気性も荒いことから、ホホジロザメ、イタチザメと並ぶ最も危険なサメである。

淡水域まで侵入し、より大型のホホジロザメやイタチザメと較べて、
狭い場所や浅い場所にも入り込むうえ、気性も荒いことから、
襲われる可能性は最も高いといわれる。

-ウィキペディアより抜粋-


------------------------------------------------------------------------

*沖縄県の国営沖縄水族館(現:沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館)でも
見られるそうです♪

オオメジロザメ(ブルシャーク:タオ島)


SAORI
スポンサーサイト


チュンポンピナクル | 2010-01-28(Thu) 16:02:52 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © タイ タオ島ダイビングログ アジアダイバーズ&リゾート All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。