タオ島 交通手配について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

2010年9月12日☆待つ先にある楽しみ…☆

本日のアジアダイバーズボートは・・・


     AM:チュンポンピナクル /ツインズ
       PM:マンゴーベイ /ツインズ

本日朝一は、一昨日休日ファンダイブの際にもアドレナリン急上昇
チュンポンピナクル
先日の海況と大きな変化が無いことを期待しつつのエントリー
中層のイエローバンドフュージュラー、ユメウメイロ、タカサゴ、ササムロ
青色ボディ、黄色ラインを横目で楽しみ、
最初に目指すは、キンセンフエダイホソヒラアジの群れ
そして、水底付近に溜まるその他アジ三種…
マブタシマアジ、オニアジ、ギンガメアジ

この時点で、わたしのテンション8合目
そして眼前に迎えくる、シェベロンバラクーダピックハンドルバラクーダ
タンクをかんかーん、かーーーんと高らかにならし、昨日から担当ゲスト…
カメラ派ベテランダイバーの二人を呼び、見てみて~サイン。
ここでわたしのテンション最高頂
根のトップ付近では、イエローバンドフュージュラーの魚群を動かす、
ホシカイワリ、コガネアジ、オオクチイケカツオ…と、
わたしが、キョロキョロする中を、カメラ派二人は、
微動だにせずハナビラクマノミの撮影に集中…
その間わたしは、ハナビラクマノミのおうち…
大好きなセンジュイソギンチャクの触手部分に集中…

ハナビラクマノミのおうち

そのもの自体が可愛く見えてきた昨今…
最近はお魚や大人気ウミウシよりも、更にディープな部分にいるような気がしてきて
なりません

そんな冷静な二人が一番の食いつきを見せてくれたのが、
2本目ツインズのマクロダイブ
エントリー後から、ゴルゴニアンシュリンプ、ヒブサミノウミウシ、
謎の尺取り虫のような動きを見せる生物(マクロ過ぎるが故に、被写体とならず)
岩肌にくっつく藻のような質感…小指の爪以下の謎の生物…
そして、その愛らしすぎる動きが個人的に大絶賛の、
ヒレフリサンカクハゼ

タオ島 ダイビング ヒレフリサンカクハゼ

岩下のジャンズパイプフィッシュ…と、
フィンキック2~3回の間に絶え間なく切られるフラッシュ

そして、10m付近の砂地ハゼゾーンでは、ギンガハゼペア

タオ島 ダイビング ペアギンガ




メタリックシュリンプゴビー

メタリックシュリンプゴビー

の決定的瞬間を得る為に、
30分近く滞在と、かなーーり【待ち】
ダイビングを楽しんできました

その待ちの向こうに見える、シャッターチャンス
やっぱり、待ちに待っただけある、こだわりの素敵な一枚でした~


yumi
スポンサーサイト


ダイビングログ | 2010-09-11(Sat) 17:30:57 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © タイ タオ島ダイビングログ アジアダイバーズ&リゾート All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。