タオ島 交通手配について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年4月18日 水深15mの青空☆

本日のアジアダイバーズボートは…

AM:チュンポンピナクル /ホワイトロック
波:無し 流れ:ほぼ無し 透明度:~15m 水温:29℃

PM:マンゴーベイ×2
波:無し 流れ:無し 透明度:~12m 水温:29℃

満月を過ぎたタオ島…
ここ最近、南のサウスウェストピナクルを圧倒的に突き放す勢いで
コンディションを上げてきた、北の外洋:チュンポンピナクル

本来ならば交互に向かうはずのこのダイブサイトも、
上記のような理由から、連日チュンポンピナクルダイビングを
楽しんでおります
タイの正月:ソンクランも過ぎ、陽射し気候共に絶好調のタオ島

タオ島ダイビング お天気良好


陸上から見る海の穏やかさには、心癒されます

本日も風は微風… 
心地よい風を受けて、目指すは1本目のチュンポンピナクル
波もなく、スイスイと進むボートの上は最高
あっという間に、ポイント到着です。
昨日の午後に、ジンベイ様出現の情報を、欧米人スタッフから受けまして、
心なしかテンションがいつもより高めの一同
欧米人の横の繋がりは強いので、恐らくこの情報(確かな出所は不明…)は
島全体に伝わっていたはず… なぜならボートの数が、心なしかいつもより多め。

いざ水中に入ってみると、ここ数日間の中では最高のコンディション。
視界、お魚の量共申し分なし
青く抜ける抜ける中層→根のトップ~深度20m程までは、
空飛んでいるような気分

そこから下は少し残念な感じの視界でしたが、
見たいお魚達は、全てその深度よりも上でGET出来たので問題なし
少し前までは25~28mの水底付近に群れを成していた
キンセンフエダイホソヒラアジも今は遥か上の深度で、
気持ちよさそう~に泳いでいます

タオ島 魚 シェベロンバラクーダ ホソヒラアジ
タオ島 ダイビング キンセンフエダイ ハナビラクマノミのおうち


そしていつもは、透明度残念…
そんな時に深度を上げてくるシェベロンバラクーダも、
何故か今日は視界良好にも関わらず、根のトップ付近
水中にキラキラ注ぎ込む光を受けて、あのキレイに輝いた銀色ボディは、
更にキレイに光って、ダイバーの眼を楽しませてくれていました

ホソヒラアジに関しては、ブイラインのすぐ下…
根のトップ15m程の所に川のような流れを作り、これまでは、
ハナビラクマノミが主役だった深度を、
主役奪還目的かのように目立ちまくり

潜降途中では見られなかったツバメウオも、
最後安全停止の5mラインにはしっかり姿を現してくれ、
カメラ持ちチームJAPANを楽しませてくれました

そんな、只今絶好調のチュンポンピナクル。
我々JAPANチームからも勿論、同乗の欧米人ゲストからの熱い支持もあり、
恐らく明日もお魚三昧ダイブとなるでしょう

あとはご要望のギンガハゼのペア色を写真に撮る

これを目的に、明日yumiチームは海に向かいます

明日も、お天気・海に恵まれ、楽しいダイビングが出来ますように~

yumi

タオ島セイルロックツアー
このツアーの詳細、またご予約・お問い合わせは上のバナーをクリック

次回の開催予定日は…5月1日
  皆様のご参加、お待ちしております



スポンサーサイト


ダイビングログ | 2011-04-18(Mon) 15:21:37 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © タイ タオ島ダイビングログ アジアダイバーズ&リゾート All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。