タオ島 交通手配について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年5月1日 スペシャルトリップ Sail Rock

本日5月1日は、待ちに待ったスペシャルトリップの日。
普段はなかなか行くことが出来ない、
Sail Rockへのスペシャルツアーも、ご参加頂いた皆様のお陰で、
無事に終了となりました

皆さん、ありがとうございます
スタッフ一同、心よりお礼申し上げます

タオ島ダイビング SR集合写真

Full Day Trip3DIVE
セイルロック
セイルロック
サウスウェストピナクル


外洋という大物&群れ物狙いのこのツアー…

前日30日…
北の外洋ポイント・チュンポンピナクルにて、
ジンベイ様をHITさせた為、今年も再びあの…
2009年の奇跡
ジンベイ祭りのスタートを予感させる今日この頃。

勿論、一同が狙うのはジンベイ様

ボート上に居る時から、無線連絡に耳を傾けるものの、
本日は、チュンポンピナクルからもサウスウェストピナクルからも連絡は無し…
セイルロックでの遭遇に期待をしながら、
タオ島ダイビングにしては長距離移動の2時間を、
まったりと遠足気分で過ごす一同。
陽射しも強すぎず、移動時間の長い本日にはもってこいのお天気
あとは、海の神様のご機嫌を伺うのみ

ポイント到着は、タオ島出発から約2時間後…
既にタオ島からの大型ボートも2隻あり、水中混雑が少し懸念されましたが、
見どころ豊富なこのポイント…
あまりコースも被る事なく、

たくさんのお魚を楽しむ事が出来ました

潜降地点は、メインロックから東に位置するシークレットピナクル上…
中層の視界は良好
イエローバンドフュージュラーウメイロモドキなどのタオ島定番の
タカサゴ科のお魚がキラキラと動き周り、
根のトップ付近まで来ると、今度は一面菜の花畑~と思う様な
黄色の絨毯の正体は、群れ群れのキンセンフエダイ
ちょーーーーっと暗い感じがするけど、なかなかいいんじゃない??と思った途端に、
水面とは逆に流れる水中…
普段流れのあまりないタオ島で、全力疾走必須の流れに遭遇
猛ダッシュをかけながら、横目にキンセンフエダイ、ホソヒラアジの群れを堪能。
そして、その横目で、セイルロックの大名物…

壁の如きギンガメアジ

を探すものの、群れてはいるが、壁には及ばず…
至るところに群れを作り、少々散らばった印象
纏まれ~…纏まれ~…
と心で念ずるも、思いは伝わらず
2ダイブ共に、所々で群れるギンガメアジを堪能するという結果となりました
しかし、それ以外の定番群れ物は健在

タオ島 ダイビング 魚 ギンガメアジ タイ・タオ島・ダイビング・魚・ピックハンドルバラクーダ
ホソヒラアジ タオ島 ダイビング キンセンフエダイ

シェベロンバラクーダピックハンドルバラクーダが、
水底から20m付近にかけて川のように流れ、
緩急付けた動きで体を光らせる光景に釘づけ

やっぱり、
銀モノ・群れモノってテンションを急上昇させてくれます

そしてやっぱりタオ

と感じさせてくれるのは、その個体の大きさ
ギンガメアジにしても、ヤイトハタにしても、ロクセン・ワヌケヤッコにしても、
もちろんゴマモンガラにしても、図鑑の参考体長を遥かに上回る大きさに、
あーーー、なんて芳醇な海なの

と改めて実感…

海況は…というと、やはりセイルロック。
潮の当たる場所、当たらない場所で、その透明度も流れも大きく変化。
全力疾走の場所もあれば、まったり箇所もあり…と、
常に気は抜けなくも、お魚いっぱいの楽しいダイビングができました


yumi
スポンサーサイト


ダイビングログ | 2011-05-01(Sun) 16:41:32 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © タイ タオ島ダイビングログ アジアダイバーズ&リゾート All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。