タオ島 交通手配について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年8月23日

本日のアジアダイバーズボートは・・・

AM:チュンポンピナクル /ホワイトロック
波:~0.6m流れ:ほぼ無し 透明度:○ 水温:29℃

PM:マンゴーベイ /ツインズ
波:無し 流れ:ほぼ無し 透明度:○ 水温:29℃


AOWコース終了、おめでとうございます


アラカワ セイイチさん
シバタ サトシさん

タオ島 ダイビング AOW終了・シバタ、アラカワ

ユウスケ、マナミのコースチームに加え、
ファンダイブチーム・ユミ…と、大分落ち着き始めた
日本人チーム。

WRECKダイブ2日間を終え、今日は久しぶりの外洋。
前回のサウスウェストとは反対の、
チュンポンピナクルへと行ってきましたーー

昨晩から風は強め。
朝になって、ようやく落ち着き始めたものの、ダイビング出発時間帯では、
まだまだ白波を作る程の南西風。

ナンユアン島を過ぎたら、ちょっと揺れが大きくなるのが常ですが、
本日はそんなこともなく、終始、間隔の大きな揺れの船旅

ボートも5隻程あり、ちょっと混み合うことが予想される水中
エントリー直後に水中を見ると、水面コンディションからは想像出来ない
穏やかさ
透明度良し、流れはほぼなし
水底付近を泳ぐ、ダイバーの姿もくっきり。
ゆみチームの2人…総称:平成キッズもテンション

昨日からのダイビングで笑い過ぎて、腹部筋肉痛を起こした
幸せな20歳女子2人


潜行直後には、3~4匹のツバメウオがあれ~、あれ~??と、
うろうろうろうろ。
迷子になったかな~と思いつつ、本隊を探すと、
そこから間もない所を38匹が大移動。
みんなで下から見上げて、果たして本当にツバメに見えるか・・・
を検証してみたり、隣を一緒に泳いだり~と、
出だしから少々まったりめの本日のチュンポンピナクル。

しかし、その向こう側をオニアジがカーテンを作るように、一斉移動
それを横切るスマの小隊。
なぜか群れに加わってしまった大型のイトヒキアジ2匹。
いつもの3割まし位のスピードで泳ぐものの、ついていける気配なし

微笑ましいなぁと思いつつ、進路を取ると、更に癒し系な子を発見
タコクラゲの赤ちゃん。
巨大な物になると50cmをゆうに超える大きさですが、
今日のはわずか15cm程度ととっても小ぶり。
それでも、共生のお魚を連れて、ふわふわふわふわ
キッズの心を捕らえたようで、その向こうをオニアジやら
スマがビュンビュン行き交うにも関わらず、視線は1点タコクラゲ。

その後は北に陣取るギンガメアジ~。
深度浅めの14m付近を、ぐるぐるぐる~と、うまく巻いた状態で
お出迎えしてくれ、光を受けたギンガメアジのキラキラのボディを堪能


途中、潮の流れが変わったようで、透明度も落ち込む個所が
チラホラ出てきたけれど、根のトップ付近は全体的にクリア。
ただどの外洋ポイントでも、最近はボトム付近・・・
20mより下のサーモが悩みの種。

早くどこかに吹き飛ばないかなぁと願うばかりです

yumi
スポンサーサイト


ダイビングログ | 2011-08-23(Tue) 18:01:40 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © タイ タオ島ダイビングログ アジアダイバーズ&リゾート All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。