タオ島 交通手配について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年10月10日

本日のアジアダイバーズボートは・・・

AM:チュンポンピナクル / グリーンロック
波:ほぼなし 流れ:ほぼなし 透明度:◎ 水温:28℃

まずは一言。。。
『本日の午前ダイブ、凄かったですっ
タオ島 チュンポンピナクル シェベロンバラクーダ タオ島 ダイビング 魚 キンセンフエダイ群れ
タオ島 魚 オニアジ タオ島 ダイビング 魚 ピックハンドルバラクーダ

1本目のチュンポンピナクルは、魚酔い(?)するほどの魚影の濃さ
視界も良好、ブルーウォーターを潜降して行く途中で、
すぐ真下にシェベロンバラクーダの群れ
トルネード・・・というよりは、固まってゆっくり泳いでいたので、
じっくり眺めながら、横を並走

そのまま北へ向かうと、少し深場にキンセンフエダイの黄色玉
他のダイバーもいないし。。。ここはやっぱり。。。
突っ込め~
周り一面黄色の世界です。

そして、その上を流れていくオニアジの群れ
どこまで続くのってくらい大量のオニアジが壁のように中層を埋め尽くします。
更にホソヒラアジ&カマスベビーが集まるシルバーゾーンと、
少し深度を上げるとギンガメアジの群れ

あ~あ~目が回る~~~

ここで、かなりお腹いっぱいになりつつありましたが、
まだまだ時間もエアも大丈夫ということで、根の反対側へ。
途中、ツバメウオの群れを眺めつつ、横をオニアジが通過しつつ、
またまたシェベロンバラクーダの群れに出会いつつ、
目を回しながら、バラクーダロック

こちらも根の下らへんには黄色の絨毯
ちょっと深いので上から眺めつつ泳いでいくと、
おぉ~~~デカイデカイ
1m級ピックハンドルバラクーダの群れ
単体で見ても迫力あるのに、30匹以上集まる群れは大大迫力
その奥には、同じく1m超えのヨコシマサワラが数匹で行ったり来たり

またまた、目が回る~
最初から最後まで、興奮しっぱなしのチュンポンピナクルでした

続く2本目はグリーンロック

前回、かなり視界に入ってきたトリガー達でしたが、
今日はそれほど多くない様子

『ニョロニョロ系がだめなんです』というゲストの意に反して、
サビウツボがニョロニョロ泳いでいるのを、見て見ぬふりしてスルーしつつ、
スイムスルーをくぐっていると、結構大きめのアデヤカミノウミウシがお散歩中
名前そのもの《艶やかで美しい≫です
タオ島 ダイビング 魚 アデヤカミノウミウシ

スイムスルーを抜けたところで、アオウミガメにも遭遇
追いかけていくと、ソウシハギコガネアジの群れにも会えてラッキー
後半、根の上をゆっくり泳いでいると、
やっぱり出ましたゴマモンガラちゃん
数匹で追いかけっこしてる中、襲われる前に浮上しま~す

これぞタオ島の魚影の凄さと言わんばかりの、本日の午前ダイブ
本当に目が回るほどの魚の多さに、
ゲストもスタッフも、大大大満足のダイビングとなりました

タオ島 ダイビング ボート 写真 タオ島 ダイビング アジアダイバーズボート 集合写真
フォトグラファー:トモノリ氏による撮影会が始まったボート上
写真を撮る写真家をパチリとしてみました


AIKO




スポンサーサイト


チュンポンピナクル | 2011-10-10(Mon) 17:43:15 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © タイ タオ島ダイビングログ アジアダイバーズ&リゾート All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。